ED治療薬の副作用と偽薬による被害

性行為の際に男性機能が上手く働かない又は精神が沈み性行為をする気が起きないなどの症状が出る事があります。
この状態の事を従来はインポテンツと呼んでいたのですが、最近では「Erectile Dysfunction」の頭文字をそれぞれ取ってEDとも呼ばれています。
また、EDの治療には、バイアグラやシアリス等のED治療薬が使われます。
ED治療薬は精力剤とは異なります。
従って、服用しても精力が身につくわけではありません。
例えば、男性機能に硬さが出たり、持続性を維持出来ると言った効力を発揮するのは、薬の有効時間内のみとなります。
ED治療薬は、基本的に利用者への配慮をされた後に開発されているので、副作用は少ないと言われています。
しかし、全くない訳ではありません。
例えば、代表格であるバイアグラの副作用には、頭痛やほてり、めまい、動悸、胃が少しムカムカするなどの副作用が存在します。
その他にも消化不良・吐き気・眩しく見える、などを感じる場合があるようです。
しかし、いずれの場合も軽度のものがほとんどだと言われています。
また、副作用とは別に偽薬による被害も報告されています。
海外の通販サイトの中にはED薬の偽物を販売している悪質な業者もいます。
偽薬とは、全く効能がないものだけでは無く、正規の成分量がきちんと守られていない、保存料などの不純物が混入されている等があげられます。
パッケージや説明書なども精巧に作られていて、年々正規品との見分けがつかなくなってきている状況です。
例えば、偽物のED薬服用による健康被害の実例として、低血糖による昏睡、意識障害など重篤な症状を引き起こしたと報告されています。
このように、医療機関以外のルートで入手したED薬は偽物である可能性もあり、思わぬ健康被害も予想されます。
日本未承認の人気医薬品を使用するには最終的には個人輸入代行業者を通すしか購入方法はありませんから、業者の選別は慎重に行わなくてはなりません。
インターネット上には、こうした業者の評判や口コミを掲示しているサイトが多数ありますで、購入前に必ず閲覧する事をお勧め致します。