EDのリスクファクター

勃起不全(ED)とは、性欲はあるが陰茎が勃起せず、満足な性行為が出来ない状態を言います。
EDのリスクファクターには様々ですが、加齢も原因の一つとして挙げられます。
特に日本人は欧米人に比べて、年齢を重ねる度に性機能が著しく低下すると言われています。
更にEDは高血圧症、糖尿病、高脂血症、肥満、喫煙などにより、合併症を生じさせることがあります。
これらの生活習慣病との合併は主に全身的な血行が悪化する事で、陰茎部の海綿体にも局所的な血流障害が生じる事が原因と言われています。
他にも、循環器系の疾患でも合併発症する恐れがあります。
特に局所的要因として前立腺肥大や排尿障害などの排尿経路との因果関係も最近になって取り上げられるようになりました。
加えて、EDのリスクファクターとしてストレスを含めた精神面の影響もはずせません。
性交時に十分機能が働かないことがストレスや脅迫観念となったり、日常生活の精神的疲労によりEDを発症する事もあると言われています。
特にうつ病患者では健常者と比べて約2倍EDになりやすいというデータもあります。
以上のように様々な因子がEDの原因となる可能性がありますが、それぞれのリスクファクターを事前に察知又は抑制する事がED予防に繋がります。
もし、EDを発症した際は、バイアグラを始めとするシルデナフィルを配合する錠剤等を使用する事になります。
入手には、医師の診察と処方が必要です。
一般的な医薬品のように、ドラッグストアや薬局等の店頭で自由に購入することは出来ません。
しかし、最近は、自己責任であれば個人輸入代行業者などを使って、シルデナフィル配合の錠剤を手に入れることが出来ます。
正規品に加え、日本国内で販売が許可されていないジェネリック医薬品などもあり、選択の幅は広がります。
商品によっては、日本の医療機関で入手するより、薬価も半分から7割ほどで済むケースも見られます。
但し、体の異変などの副作用が確認される様であれば、速やかに利用を中止してください。