バイアグラのメカニズム

研究開発の様子

ED治療薬の中で、世界中で最も愛用されているものはバイアグラです。
バイアグラは勃起不全の医療用の治療薬として日本で初めて正式に認可された最も信用性のある薬なのです。
安心して利用することができます。

そもそも、バイアグラは人間に対する副作用が殆どありません。
何故かというと、この薬は人間の重い病気を治療する際に生まれた副産物だからです。
薬を開発していた米国のファイザー社では、心筋梗塞や動脈硬化に対する有効な薬の研究を日々行っています。
その中の一つに、それを服用すると副次的に勃起症状を引き起こす薬がありました。
子の副次的な症状の原因となる物質を選別し、抽出した結果生まれたのがバイアグラという薬です。
その為、人間の身体には全くと言って良いほど害はありません。

基本的に、人間の勃起のメカニズムは、性器の海綿体に血液が集まることによって引き起こされます。
陰茎に性的な刺激が生じると、肉体的な様々な要素とあいまって陰茎内の圧力が上昇し、それが勃起の症状となるのです。
このような観点から、バイアグラではこの勃起を引き起こしているそれぞれの特別な物資に対して働きをかけることができる成分が含まれているのです。

バイアグラの効果が持続する時間は5時間から6時間と非常に長く、その間に性的な交渉があれば年齢を問わずにほぼ必ず勃起をすることができます。
ただし、食事をとるとバイアグラの成分が分解されその効果が半減することになるため、実際に服用して性交渉をするときには前後で食事をとることは控えたほうが良いと言えるのです。
そうすることで、最大限の効果が期待できます。
なお、バイアグラはアルコールでも服用することが可能となっており、軽度の飲酒であれば問題はないとされています。
ただし過度の飲酒はそれ自体が大脳の働きを抑制し、結果として勃起へ悪影響を与えますので、十分なED治療薬としての効果が得られない場合があります。
さらに、アルコールと併用する事で何らかの副作用が強く表れる場合がありますので、服用時の飲酒量については飲みすぎないようご注意ください。