バイアグラとレビトラの比較

「A」と「B」。比較している様子

ED治療薬としては、バイアグラとレビトラ代表的なものでありよく比較の対象とされます。
バイアグラは最も早く開発されたED治療薬で、有効成分はクエン酸シルデナフィルです。
クエン酸シルデナフィルは、勃起するために必要な物質環状グアノシンーリン酸が充分に働ける環境を作ります。
環状グアノシンーリン酸は体内にあるPDE-5という物質によって分解されやすい特性があります。
そして、環状グアノシンーリン酸が分解されてしまうと勃起しないと言う状態に陥ります。
そのPDE-5という物質の活動を阻害するのがクエン酸シルデナフィルです。
バイアグラのクエン酸シルデナフィルが、日本国内で難病認定されている肺動脈性肺高血圧症の薬としても認可されているという事です。
バイアグラは性行為の1時間前に服用するのが良く、空腹の状態では30分ほどで効果が現れてきます。
持続時間は5時間以上ありますが、個人差によって前後します。
食事と併用するとバイアグラの効果を得られない場合があるので、食後に飲む場合は2時間以上の間隔を開けるのが良いです。
アルコールとの相性は、飲み過ぎている状態は良くありませんが適量なら精神的なリラックスも得られるので効果的です。
副作用としては顔のほてりや頭痛、動機や鼻づまりが発生することがあります。
レビトラはドイツの製薬企業バイエルが開発したED治療薬です。
服用後20~30分という早さで効果を発揮し、勃起機能を回復させます。
性行為直前に服用すれば最大限の効果を発揮することが出来ます。
バイアグラを意識して開発されたこともあって改良が加えられており、特に食事に関する使い勝手が向上しています。
700kcal以下の食事であれば、食後直ぐの服用も可能です。
レビトラの副作用に関しては、双方の体験者から多くの体験談が聞かれますが、副作用が強くは出にくくなったという方と、然程変わらないという結果がほぼ同数です。
酷くなったと言うのは聞こえてきません。
共通しているのは、どの薬も血管拡張作用も持っているので、効果的に勃起不全を改善し、性生活の不満を解消できると言う事です。