シルデナフィル(マイラン社フランス製)の特徴

マイラン社は米国に本拠を置く製薬会社で、主な事業内容はジェネリック医薬品の製造販売です。
現在では日本を始めとする世界140ヵ国で事業展開する多国籍製薬会社です。
2008年に日本法人マイラン製薬株式会社を設立し、2008年から2010年まで日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)のオフィシャルスポンサーにもなりました。
2012年には先発バイアグラの製造会社ファイザー(Pfizer)社と「日本におけるジェネリック医薬品事業に関する長期戦略的業務提携を発表し、その動向が注目されつつあります。
そのマイラン社はバイアグラと同成分のシルデナフィル(通称マイラン社フランス製)をフランスの子会社で製造し販売しています。
50mg錠、100mg錠の2用量で各々1パッケージに4錠入、何れも1日の極量が100mgです。
剤形は丸形で色は青です。
日本ではスタンダードの50mg錠に慣れている方は100mg錠を半分割するのが良いでしょう。
服用間隔は24時間。
極量の100mg錠を服用して効果を感じられなかった場合もそれ以上の服用は避けましょう。
シルデナフィル(マイラン社フランス製)の基本的な効果や服用方法はバイアグラと変わりません。
分類はPDE5(ホスホジエステラーゼ5)阻害剤です。
PDE5は陰茎内のcGMP(サイクリックGMP)を分解する酵素でそれにより勃起が妨げられます。
シルデナフィルを服用すればPDE5の働きが阻害されcGMPの分解が抑制されます。
これにより血管拡張・血流量増加が起こり結果的に勃起につながります。
服用は性行為を行う1時間程度前に水や湯でおこないます。
食事の影響を受けやすいので、効果を実感したい時は空腹時に服用します4~6時間程度効果が持続します。
シルデナフィル(マイラン社フランス)の副作用
シルデナフィルにはいくつかの副作用が知られています。
頭痛、鼻づまり、顔のほてり、目の充血等バイアグラと同様です。
これらの症状は身体各所の血流量が増えることで起こるとされています。
出現した際は、効き始めた証拠です。
これらの副作用には個人差があり重い方や全く出ない方様々です。
一般的に副作用は効果の消失とともに無くなりますが残る場合は処方してもらった医療機関に相談しましょう。